ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア

※ゴールデンウィークに伴う営業・配送のお知らせ



コンは誰なのか?
ビゴン(以下ポーラ)は、“Paula’s Choice skin care and cosmetics”の創立者であり、社に革新をもたらす人物でも
あります。
25年という長きにわたり、化粧品業界に携わりながら肌と化粧品成分にする究を重ねて、自身の製品を芸術的な
境地に引き上げました。ポ
ラは、あらゆる製品の成分と含有量を直接選別して完璧な成分配合の製品を提供します。
また、自社の製品が素晴らしいスキンケアのための一定な基準であることを保障し、製品を誇張しないことを最優先とします。
彼女の目標は、女性が夢見てきた肌
現して維持することを助けることです。


ラは、Don't Go to the Cosmetics Counter Without Me(これをまずに化粧品カウンタに行ってはダメよ)
Blue Eyeshadow Should Be Illegal (いアイシャドウを使うのか)The Beauty Bible (ビュティバイブル)
Don't Go Shopping for Hair-Care Products Without Me (これをまずにヘア製品カウンタに行ってはダメよ)など、
化粧品業界におけるベストセラ
の著者です。

250万部の本がれ、北米全域にわたって“Dear Paula”を寄稿するコラムニストでもあります。
全米に知られた
Paulaの化粧品連の門知識はCNNOprahThe Today Show20/20Dateline NBCThe ViewPrimetimeなど、
各種放送メディアから彼女に出演のオファ
が絶えない況です。ポラはナイトリニュストリビュンサビス紙の
寄稿しており、自社の週刊
報誌である<ディアポ Dear Paula><ニュクデイリニュ>紙などに紹介されるなど、
を集めています。


アメリカでポラは化粧品とボディ & ヘア製品業界における消費者の代弁人として知られています。
彼女は化粧品
門家として多くのTV、新聞、誌、ラジオなどに出演しており、過去年間で彼女が出演したトクショは、
トラインNBC、グッドモニングアメリカ、20/20、リザ、トゥデイショ、レイタトゥデCBSニングニュス、

ドコピ、カナダAM、ナショナルパブリックラジオなど百件にのぼり、アメリカの女性に人のあるオプラウィンフリ
ショには約13回も出演しました。世界的に大成功をめたポラのウェブサイトは化粧品と美容にする最も率直な意見を得る

ことができる情報ソスとして認知されています。
化粧品業界において博識でよく知られたポ
ラは、スキンケアにしても尊敬されている人物です。
皮膚科や整形外科医師
を始め主要化粧品門企業やその他化粧品産業事者のカウンセラの役目も担っています。


・Paula`s SAY
最初に私が化粧品を勉し始めたのは年間ニキビで苦した個人的な理由からでした
皮膚科にも
えきれないほど足を運び、あらゆる百のスキンケア製品を使用しましたがニキビは全く治まることは
ありませんでした。なぜだろう
?と疑問に思いました。
ある製品が少し
果があるように見えたけれども、私が期待した果を得られずその果も持しなかったのです。
そのうえ
回副作用を経験し、使用したほとんどの製品が肌を赤くして炎症を起こし、肌がボロボロになっていくように感じました。

その後、確な私だけのスキンケア方法を探し始めると同時におびただしい量の化粧品産業市場と病院方スキンケア製品の
根本的な問題を調べ
始めました。しかし、結果として化粧品
社から提供されるスキンケア製品にする情報は理解できない

言葉に等しく、病院方スキンケア製品からは、肌の炎症や紫外線露出が肌にどんな影響をえるかにして有究や

情報を得ることができませんでした。
年間、私はメイクアップアティストとして仕事をして、時デパトのメイクアップカウンタにも立ちました。
しかし、
回新しい仕事をするたびにトラブルが起こりました。ブランド代表者からは、顧客にして化粧水が毛穴をふさぎ、
乳液やクリ
ムがしわをとり除いてくれると話すこと求められたからです。
私はそれが事
ではないことを知っていましたし、仮にそれが事だとしたら化粧水を使うすべての人が毛穴のない肌になるはず

であり、もし乳液やクリムがしわを除去するならば、この世の誰にもしわができないだろうと思いました。
ある時、化粧品業界に
する冷な意見と虚偽の事を知らせようとする私にがかかりシアトルの地方放送局 KIRO-TVに定期的に
出演しました。その後、私はアメリカ全域に放送される番組と
際的な番組にも出演し、誌記事にも紹介されたのです。
最初の著書である、
Blue Eyeshadow Should Be Illegalを出版した後で1986年にKIROを去り、このことが、それまで化粧品業界が
消費者に
してきた真実を知らせるきっかけとなりました。
 

 Blue Eyeshadowを書き終えた後、化粧品業界の誤った情報に疑問を持った千名の女性たちからどんな製品を買うべきなのか、
あらゆる製品に
してポラの意見が聞きたいと言う容の手紙が送られてきたのです。
私が化粧品業界に
する全般的な明をすることでおおむね彼女たちの役に立つことができましたがそれにもまして具体的な商品名を
知りた
がっていました。そしてそんな彼女達の意見を反映させた
Don't Go to the Cosmetics Counter Without Me、これをまずに
化粧品カウンタ
に行ってはダメよ、という多くの製品のレビュ載した本を書くことになったのです。
その後も、市場には新しい製品が次
発売されるので、どんな製品に果がありどれが果が無いのかをえて欲しい言う要求が
さらに
えました。時は感がありませんでしたが、デパトの化粧品、情報告、多段階マケティングライン、
ムショッピングネットワクライン、局を始めとする化粧品社、そして新しい商品発売など多くのうねりのなかで、
私の仕事がやっと
き始めた時期でした。
 

 今日では、化粧品業界と調を合わせるために連載する Cosmetics Counter Updateと言うコラムに新製品のレビュ載し、
Don't Go to the Cosmetics Counter Without Me 6番目の改訂版が出版され、最近は1,400ジを超える分量になりました。
化粧品に
して不必要で異常な情報のうねりの中で絶えずうことはストレスが多い仕事でもあります。
しかし、それが私の使命であり、やりがいのあるありがたい仕事なのです。
化粧品
社が真実を歪曲したり、彼らが作った化粧品の情報を私に送らないようなことにしては批判しますが、同時に私に究資料を

気軽に送ってくれてインタビュに答えてくれる社には心から感謝の持ちをえたいと思います。
彼らが提供してくれたすべての資料に同意することは難しいですが、資料はいつでも
迎して感謝して受けとるようにしています。
る限り最高の情報を提供するのが私の考えであり、化粧品産業の情報に接する度に私のリポトはより正確な情報になるのです。

 街には素晴らしい製品もたくさん販されています。否定的でとんでもない主張や格そして品質の落ちる商品にしては絶えず非難を
しますが、私がそのようにする理由は、化粧品業界には素晴らしい製品が多くあり消費者はそれが知る
利があるからです。
決して私は、アンチメイクアップ、アンチスキンケアではありません。しかし、大部分の化粧品がどれほど
果があるのか疑問を持って
います。私たちが使用する素晴らしい化粧品の素晴らしい
果なしで私たちはどこに向かうのでしょうか?乾燥肌を管理してくれる
モイスチャ
イザ、損傷のない厚くて豊かなまつげ、肌の色合いをソフトにしてくれるファンデション、紫外線やシワ、皮膚癌から
肌を保護してくれる紫外線遮
断剤、唇に優雅な色と鮮かさをえるリップスティック、やわらかく調してくれるブラシ等
これらは化粧品
社の素晴らしい技術のおかげでもあります。

 最後に、より良い製品を作り出そうと努力し、より私たちを美しくしてくれる化粧品連の門家に感謝を示したいと思います。
また、彼らが販
を優先したマケティングの動きに化をえてくれることを願います。
なぜならば、皆さんの仕事
は化
であって誇張ではないからです


top of page



特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)