ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア


 

 

‘危険な化粧品成分’の誤解と真実

 

 

 

人々は皆、メイクアップやスキンケア商品を選ぶ際に

安全で効果的な商品を選びたがります。

特に最近は化粧品の成分について関心が高め、

有害な成分を知らせるアプリや番組もどんどん放映されています。

 

肌はもちろん体にも悪い影響を与えるという成分、

これは本当に影響を与えるのでしょうか?

 

科学的研究資料や専門家たちのインタビュー通して

5つの成分の誤解と真実に語ってみましょう。

 

 

 

 

 1. パラベン

 

パラベンは人や生物学的体系を変え、健康に影響を与えることがあると主張があります。

しかし、この意見は高い濃度のパラベンで実験した結果で、化粧品を保存する用に使われるパラベンは低い配合率であります。

全世界に様々な安全や規制委員会は化粧品に使われるパラベンは安全で、健康に影響を与えないと語っています。

パラベンは効果的に保存剤であり、他の保存剤より肌に刺激を与えない成分です。

 

 

 

2.  タル(滑石)

 

ミネラル成分であるタルクは主に肺機能や生殖機能に影響を与える

恐れがあると語ったがある。

しかし、この実験は大量のミネラル物質を吸いんだタルク夫を対象に行った実験であり、夫達には石英のみたいな他の物質の影響がもっと大きい可能性が高いと話します。

 

30年前にタルクが呼吸や生殖機能低下を呼ぶという誤解を終わらせたことであります。

 

 

 

3.  PEG

 

ポリエチレングリコール(Polyethylene glycol)の略字であるPEGは米国環境保護庁でがんを誘発する恐れがある物質に分類しました。

純粋なPEGを吸い込んだ場合一番影響を受けるが、化粧品に使用されるPEGは汚染物質を極小化したり、除去し配合されています。

2016年安全評価化粧品原料検討専門家パネルでは現在化粧品に配合されるPEGは安全だと認めました。

 

 

 

4. シリコン

 

シリコンは得得な触感を持ち、軟化効果で水分の蒸発を防いでくれます。

シリコンについてネガティブな意見はシリコンが毛穴に積もりニキビやトラブルを誘発する意見です。

しかし、シリコンは特別な分子構造で、空気に抵抗力があり、肌の保護膜の役割を果たす同時に呼吸ができる穴もあるので毛穴に積もったりしません。

 

 


Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)