ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア


日焼け止め使用法:いつ、どこで、どれだけ使えばいいの?

 

 最近はファンデーションなどのメイク商品にもSPF指数が表記されているほど、紫外線カット成分は多くの商品に入っています。
しかし、多くの商品を使うよりも十分に塗っているかに注目してみましょう。皆さんは日焼け止めを重ね塗りをすべきだという話を聞いたことがあるはずです。
あるリサーチによると私たちは十分な量の日焼け止めを塗っていないことが明らかになり、
皮膚科専門家などはお肌を保護するためにでも十分な量を塗るように強調しています。

 

それでは、日焼け止めはどの段階で塗った方がいいでしょう。

正解は、一番最後です。自分のお肌タイプに合うスキンケアを塗った後、一番最終段階で日焼け止めを塗ってください。
もし、塗った後、モイスチャーライザーやニキビ治療剤などを使いますと、せっかく塗った日焼け止めの効果が弱まる可能性があります。
例えば、水溶性のものを重ねると水分により塗った日焼け止めが落ちてしまったり
脂溶性のものですと日焼け止めの成分が希釈され、紫外線カット成分の働きが落ちたりする恐れがあります。

 

それでは、日焼け止めの後にSPFがないファンデーションを使うのはどうでしょうか。

これは、どのようなものを使ったかによって違います。どれだけ厚塗りしたのか、油分の含有量いくらか、もしくは使った日焼け止めの種類にも関係します。
一番いい方法は、日焼け止めを使ったあとにSPFがあるファンデーションを使うことです。
もし、日焼け止めを省略してSPFがあるファンデーションだけを使うのであれば、ファンデーションを十分に塗るようにしてください。
薄く塗っては期待できるほどの紫外線をカットすることは難しいからです。これは
SPFがあるプレストパウダーでも一緒です。
パウダーだけで紫外線をカットすることは難しいが、メイク直しの際に十分な量をつけることで紫外線カットを補うことはできます。

 

角質ケアをしている人なら、日焼け止めをもっとしっかり塗るべきです。
角質が落ちますと、お肌はいつもより敏感になるので、この時には普段よりも紫外線によるダメージを
最小限することに注力しなければなりません。

 

日焼け止めは、スキンケアの最後の段階で十分な量を漏れなくしっかり塗ること、
ファンデーションやプレストパウダーも
SPFが入っているものを選び、重ねて十分な量を保つことを忘れてはいけません。

 

 

 

おすすめ商品

 

 

ヘルシー・パウダーSPF15

 


Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)