ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア

※ 配送業者変更のお知らせ


肌老化とシワができる理由






肌の老化は、自然的な現象でそれを止めることはできません。
肌の老化の原因は、数え切れないほど多くありますが、一般的に外部要素と内部要素に分けることが出来ます。

外部要素紫外線ダメージ、公害、煙、活性酸素の働きなど
内部要素遺伝、加齢、ホルモンの現象、免疫活動の低下など

しかし、「1つ」の要素だけが老化に影響する訳ではありません。
常に、外部要素と内部要素は共に影響を与えているのです。


◆ 肌老化の進行

若い肌は加齢肌より多くの脂肪細胞を持っているのでもっと薄くて透明な肌を維持出来ます。
細い人より体重のある人のほうがシワが少ないのも同じ理由でです。
このように脂肪組織はどんどん減少して行きますが、肌は絶えずに成長して行きます。
成長した肌を支える脂肪が無いので筋肉が弾力を失い、肌はたるんでしまいます。
また、細胞の水分を維持する要素、表面を滑らかにする要素が年を取るにつれて減少し、再生が出来なくなります。
(ヒアルロン酸、グリセリン、セラミドなど)
ダメージを受けたコラーゲンとエラスチンが弱くなり、若い肌よりもアレルギーや炎症に敏感に反応します。
免疫活動が低下したからです。

もっと細胞を詳しく見てみましょう。

皮膚細胞の再生に必要なDNAとRNAの伝達速度が遅くなると、細胞は再生を止めます。
このような変化によって異常な細胞が生まれ、肌の表面の感触が変わり水分維持を邪魔します。
加齢肌が乾燥する理由です。

老化防止やアンチエイジングをターゲットにしたスキンケア製品が沢山出ていますが、
その中でも、DNAやRNA成分配合のシワの防止クリームをよく見かけることが出来ます。
しかし、実際にそのクリームから思うほどの効果は期待できません。
それらの成分が細胞の遺伝的なコードを操作するのはそもそも不可能だからです。

スキンケア製品に配合されたコラーゲンとエラスチンは肌に水分を供給し、
ヒアルロン酸やセラミドは細胞の構成を支えます。
グリセリンは肌の改善効果がとても高い成分ですが、面白くて変わった成分/素材を好む化粧品業界では
「普通すぎる」グリセリンに目もくれていないのが現状です。

確かに肌を改善する成分はたくさんあります。
しかし、永久なものではないことを忘れないでください。

覚えてください!
スキンケアを通して老化を「止める」ことはできません。

 

..

それでも老化防止のために私たちが普段からできることは、
1年を通して毎日(365日)日焼け止めを塗ることです。
紫外線によってダメージを受けないように日々から肌をしっかり保護してください!
UVカットは、老化防止の基本です。

 

 

 

 

 

 

おすすめ商品

レジスト・スーパー・セラム

レジスト・ユースイクステンティング・日焼け止めSPF50+

クリニカル・1%レチノール


Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)