ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア

※日本祝日(春分の日)に伴う営業・配送のお知らせ

 成分で調べる妊娠中のスキンケアTIP

 

 

 

妊娠中には食べ物はもちろん、

スキンケアにも目を向けることになります

 

近頃は化粧品の成分についてお客様からのお問合せを増えています。

しかし、妊娠中のスキンケアまた注意するべき成分については情報があまりないです。

ポーラアドバイスは米産婦人科学会に質問を送り返事を聞きました

 

 

 

1.    妊娠中なのにニキビができました。

ニキビによく聞く成分,ベンゾイルファオクサイド成分は

妊娠中の場合低い含量(5%以下)のが安全です。

トラブルと赤みにも果的なアジェラエシッドも

妊娠中に使用可能な成分です。

 

 

 

.   的角質除去を使ってもいいですか。


角質除去成分のBHA(サリシリクアシッド)2%以下に使うと安全です
AHA(
グライコリックアシッド、またはラクティック・アシッド)も安全な成分として評されています。
ただし、ボディに塗るとしたらBHAよりはAHA成分の製品を使うのをめる

 

  

 

3.   妊娠中にアンチエジング製品を使っても良いでしょうか?


ビタミンC、ナイアシンアマド、ヒアルロニックエシド、ペプチド成分が含まれた

アンチエジング製品は妊娠中に使用しても良いです。

しかし,様々な成分を混ぜて使用しようとするなら

当専と相談を通じて決めた方が良いです

 

 

 

4.   姙娠中にはこの成分だけは避けよう


方が必要なレチノイド(レノバレティン-Aディファリン、タチョウラック、ジェネリック、トレチノイン)

方が必要ないレチノルが配合されている製品は避けなければなりません。

また,レチニノル派生成分(レチニレチノエイトレティンアルデハイドハイドロキシナコロンレチノエイト)

妊婦なら避けるべき成分です。

 

 

 

妊娠期間には小さな部分も師と相談して決める!


姙娠中にもスキンケアを気を付けることは良いですが、

使用しているか使用する予定の製品は担当専との相談を通じて決定するのが望ましいです。

 

 

 


Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)