ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア

※日本祝日(成人の日)に伴う休業のお知らせ

 

 老化を早めるスマホの‘ブルーライト’

 

 

 

 

 最近、ビューティー業界は‘ブルーライト’に注目しています。

ブルーライトと言うのは紫外線より短い波長であり

380~500㎜で光る青色光のことです。

 

 

様々な研究によるとこのブルーライトに長時間当たることで

睡眠障害や目の病気の主な原因になることが判明されました。

 

 

それに、他の研究によるとブルーライトは活性酸素を生み出し、

肌の細胞を損傷し、肌バリアを弱くさせ老化にも影響を与えると言います。

 

 

ブルーライトはパソコン、テレビ、蛍光灯、スマホなどの電子機器から放出されると

世の中に知られているが、実は太陽光に一番多く含まれています。

 

 

しかし、スマホのブルーライトに注目している理由は

一番肌に近い所から発生するからです。

通計によるとミレニアム世代(1978年以後生まれ)の場合

1日に157回ぐらいスマホを見ると言います。

スマホに慣れた世代ほどブルーライトに多く当たっていることでもあります。

 

 

ブルーライトをシャットするためにはサングラスをかけたり、

スクリーンシールドを付着する方法や

スマホの画面をナイトモードに切り替える方法をお勧めします。

 

その上にブルーライトによる肌の老化を防ぐためには

抗酸化剤が配合されている製品や日焼け止めを使用することが効果的です。

 

 

 


Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)