ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア

※日本祝日(春分の日)に伴う営業・配送のお知らせ


皮膚科からの処方医薬品:正しい使い方

 

 

処方医薬品の使い時&種類

お肌の改善のため皮膚科を訪ねると医師から製品(薬品)を処方される場合があります。
処方医薬品には必ず医師の処方が必要な成分が含まれているため高い効果を得られます。

ひどいニキビ治療
*ベンザクリン(BenzaClin):皮膚科から処方される代表的な抗生剤
*ディフェリン(Differin)、レチン-A(Retin - A):レチノイド製品で処方が必要。効果がとても高い。
シワ改善
*レノバ(Renova):レチノール成分の一種
赤み治療
*メトロクリーム(Metro cream)、アトラリン(Atralin)、フィナシア(Finacea)
湿疹治療
*コルチゾン(Cortisone)
乾癬治療
*カルシポトリエン(Calicopotriene)


ただ、処方医薬品は効果が高い分、副作用を伴うことがあるので注意が必要です。
普段のスキンケアに正しく取り入れて使うことが重要な訳ですが
残念ながら、多くの皮膚科医師は副作用(赤み、かゆみ、乾燥、炎症など)を防ぐ方法や
対処法、これと言った使い方を説明してくれません。

まず、ご自分で使っているスキンケア製品が肌に良いものなのかをご確認ください。
お肌に良いスキンケアは栄養が吸収されやすい肌の環境を作り、健康な肌を保ちます。
その上、処方医薬品を正しく取り入れてお使いになると処方医薬品の効果を最大に高めることが出来ます。


処方医薬品とスキンケア製品を正しく使う基本ガイド

※本情報が専門医、または、薬師のアドバイスと異なる場合、医者と十分にご相談してから製品を使うことをおすすめします。

STEP1.洗顔:水溶性クレンザー(水に溶ける性質の洗顔料)
処方医薬品と関係なく、肌タイプに合わせて水溶性クレンザーを使うことはとても重要です。
クレンザーが肌を刺激する場合はかゆみと乾燥の原因となり、
その状態で処方医薬品を使うと肌の状態は悪化してしまいます。

※肌を刺激しないクレンザーを使いましょう。固形せっけんは使用を控えてください。
※スクラブと処方医薬品を同時に使わないでください。
 スクラブが肌の表面を傷つけると、処方医薬品を使ったときお肌が刺激を受けてしまいます。

STEP2.化粧水
ほとんどの化粧水にはアルコールや香料などの刺激成分が含まれています。
化粧水は、洗顔後に使うため(=一番きれいな状態の肌に最初使う製品のため)、
特に肌にやさしいものを使わなければなりません。
皮膚改善成分が豊富に入っている化粧水は肌に良い効果を高めます。

STEP3. 角質ケア(AHA・BHA入り)
AHA(グリコール酸)やBHA(サリチル酸)が入った角質除去剤は
ニキビ、シワ、黒ずみを効果的に改善します。
角質除去剤を初めて使う場合、肌が慣れるまでお時間がかかります。
3日に1回を周期にお使いし、特に問題がなければ回数を増やしたり効能があるものをお使いするようにしてください。

★角質除去剤は処方医薬品の前のステップで使いましょう。

STEP4. 抗酸化効果の高い美容液
抗酸化成分は肌の細胞再生能力を活発にしてよりなめらかで健康なお肌を作ります。
老化防止やお肌のトラブルを抑えるので、抗酸化美容液の効果は処方医薬品に劣りません。

注目!
Q. 一般的にレチノール製品(処方不要)とレノバ(処方医薬品)を一緒に使ってもいいですか?
A. はい。大丈夫です。
 一般製品⇒処方医薬品の順で使ってください。
Q. 必ず二つを一緒に使うべきですか?
A. いいえ。ただ、一緒に使うと効果がさらに高いとも言われます。
 お肌がどのように反応するかがとても重要で、敏感肌にレチノールの使い過ぎはむしろ肌に毒になります。
 沢山つけることが必ずしもいい効果をもたらすわけではありません。


STEP5. 処方医薬品★

このステップで処方医薬品を使うことが一番望ましいです。
クリームタイプやローションタイプの場合、もっともそうです。

※リキッドタイプの場合、STEP3の後に使うことをおすすめします。


STEP6(朝).日焼け止め

SPF15以上の日焼け止めを毎日塗って紫外線からお肌を守ってください。
紫外線カットはお肌の老化防止、皮膚炎や皮膚疾患を治療する基本的に必須ケアです。
そして医者が他の注意事項について言わなかった場合(特に乾癬がひどい場合でなければ)、
日焼け止めは毎日たっぷり縫った方がいいです。

STEP6(夜).保湿剤:モイスチャーライザー
モイスチャーライザーは肌を保湿するもので、どの処方医薬品と一緒に使っても構いません。
お肌タイプに合うものを選び、顔全体と目元を十分に保湿してください。




トリートメント製品と一緒に使う時

美白製品
:ヒドロキノンが入った美白製品は、ニキビ肌を悪化させる可能性があります。(処方医薬品の併用とは関係なく)
 ニキビ肌なら、
 ビタミンC、アゼライン酸、アスコルビルグルコシド、ナイアシンアミド、
 グリチルレチン酸(カンゾウ根抽出物)が入った美白製品がいいです。

※処方医薬品の中に既にヒドロキノン成分が入っているなら、
 一般製品には、ヒドロキノン成分が入っていないものを使ってください。
 多量のヒドロキノンは肌を刺激するので、一般製品にはビタミンC入り製品に代替して使いましょう。

ニキビ跡を改善する製品
:処方医薬品と一緒に使って副作用を起こす可能性はゼロに近いです。
 消炎剤成分と皮膚改善成分が入った製品はどの皮膚疾患にも副作用を起こしません。

※処方医薬品⇒ニキビ跡を改善する製品の順で使ってください。

レチノール製品
:一般的にビタミンAが含まれた処方医薬品の場合、0.5%以上の濃度のレチノール製品と一緒に使った時に
 副作用を起こす可能性が大きくなります。
 0.5%以下ならビタミンAの処方製品と一緒に使っても大丈夫で、むしろ肌の赤みが緩和されます。

過酸化ベンゾイル製品
:ニキビ肌用の製品に過酸化ベンゾイルがはいっている場合、処方医薬品と一緒に使ってもいいかは
 医者と相談して決めた方がいいです。ただ、まだ一緒に使ったときの副作用の事例はありません。

※過酸化ベンゾイル製品は週1~2回使うだけでも効果が高いです。

 


肌が敏感になることを防ぐためには・・・

きちんとした順番でスキンケアをしても肌が敏感に反応する場合があります。
赤み、乾燥、ニキビのような反応が現れるので、肌にやさしい製品を使うことはとても重要です。
刺激成分と処方医薬品を一緒に使ったとき、副作用が起きる可能性がもっとも大きくなるからです。

1.肌タイプに合う製品を使う
 処方医薬品が肌を乾燥させる場合、全てのスキンケア製品を変える必要はありません。
 柔軟成分が豊富なモイスチャーライザー(保湿剤)を1日1回使って乾燥を防いでください。

※スクラブ、ピーリング、お湯でお風呂、お湯で洗顔、香りつき製品など肌を刺激するものは避けましょう。

2.紫外線カット成分:酸化チタン、酸化亜鉛
 肌を刺激する紫外線カット成分もあります。
 酸化チタンと酸化亜鉛は副作用の恐れがない紫外線カット成分です。
 特に、赤みある肌に日焼け止めは必須です。

3.スキンケアのボリュームを減らす
-朝:クレンザー、処方医薬品、日焼け止め
-夜:クレンザー、処方医薬品、モイスチャーライザー(保湿剤)のように
   一番基本的なスキンケア製品からはじめ、どんどんスキンケア製品の数を増やしながら
   処方医薬品とどのように反応するかを確認してください。

※乾燥を防ぐために、処方製品と日焼け止め/モイスチャーライザーを混ぜて使うことをおすすめする人もいますが、
 いい方法ではありません。混ぜて使うと製品は効果を失ってしまいます。
 日焼け止めは必ず単品で使い、スキンケアの一番最後に塗ります。(処方医薬品と関係なく)

 

 

以上、処方医薬品に関する全ての説明でした。

処方医薬品とスキンケア製品の注意事項をしっかり覚えて
STEP1~6に従って正しくスキンケアを行うと、
肌はきっと改善できるはずです!:)

 

 

 



Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)