ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア

※日本祝日(成人の日)に伴う休業のお知らせ

ポーラさんへ。

環境と関係なくサンスクリーンを二時間毎につけるよう言われます。本当ですか?もしそうだとしたら、誰がそんなことしますか?一日に何度もメイクを落としてサンスクリーンを塗ってまたメイクをするということですか?これがポーラさんもお勧めする方法なんですか?


スティーブさんへ。

サンスクリーンを必ず二時間毎につけるべきだという内容を私も接したことがあります。そしてその過程がとても面倒くさいということもわかります。現実的に考えるとメイクをしているのなら誰が洗顔してサンスクリーンをつけてからまたメイクをする事を毎日二時間毎にできますか?こんなことをするような暇な人がいるんでしょうか。

スティーブさんが他の沢山のポーラチョイスの御客様のようにSPFについてご存知でしたら、製品のラベルに表記されたSPF数字を含め各種の注意事項がどういう意味か気になるでしょう。実は大概SPFは意味ありません。二時間毎に一度サンスクリーンをつけるやっかいな事をしないで毎日の紫外線から肌を守り損傷や老化から予防する方法があります。

FDAのサンスクリーン実験でSPFが決まるのは製品を肌に十分な量をつけて(いつもお忘れずに。サンスクリーンは十分な量をつけるのが一番大事です!)どんなに長く肌が赤くならずいられるのかということです。大変複雑ですがまずこう計算できます。サンスクリーンを塗らないで太陽の下にいて20分くらいまでは肌が赤くならにのならSPF15製品をつけた時300分くらい日焼けから肌を守れるという意味です。(SPF)15賭け20(分)で計算すると5時間くらい守れます。

サンスクリーンを二時間毎に塗るように言われる訳は次です。

1.大概の人は十分な量のサンスクリーンを使っていません。もしサンスクリーンを十分に使わないと製品に表記されているSPFのようなブロック効果が得られません。なのでサンスクリーンを十分使わない人なら二時間毎に使うことで本然の効果が得られるのでこのような方法を言うのです。

2.汗を流したり手を洗ったり水泳をするなど水を接するとSPFとは関係なくサンスクリーンは二時間も持続できません。ウォータープルーフという意味で「ウォーターレジスタント」と表記されていても水に濡らされると40分以上持てません。水に濡れると乾燥した状態にいることとは大違いです。

3.サンスクリーンのラベルに書かれているコメントを全部信じてはいけません。「一日中ブロックします」、「持続的なブロック」というものがありますが、決して事実ではありません。紫外線をどれだけ効果的にブロックできるかは肌色、製品に表記されているSPF、十分な量を使ったかによります。サンスクリーンを少量使うと肌色に関係なく製品に表記されているSPFだけのブロック効果は得られません。

サンスクリーンを使って、洋服との摩擦が多いと紫外線カットの効果が落ちると思う方もいます。しかし顔と服が触れることは滅多にないし習慣的に顔に手を当てたり触ったりしないようにすればいいのです。なので自分の習慣に気をつけて日焼け止めの効果が落ちないように注意しましょう。

二時間毎にサンスクリーンをつける理由はありますが全てのサンスクリーン使用に適用するわけではありません。サンスクリーンと紫外線ブロックについて複雑な事項を理解するにはむずかしいですが、SPF15以上のサンスクリーンを毎日使ってUVAをカットする成分が含有された製品を十分な量を使って、水の中にいる時は40分から80分に一回サンスクリーンを塗り重ねると、シミや肌弾力低下そして皮膚癌に進む危険が減少されより幼いお肌を維持できます。

 


Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)