ニキビやシワ改善等肌にやさしいスキンケア

※ゴールデンウィークに伴う営業・配送のお知らせ

太陽のビタミン「ビタミンD



太陽のビタミンと呼ばれる「ビタミンD」は、とても重要な栄養素の一つです。
魚や卵の黄身のような食べ物の摂取も役に立ちますが
ビタミンDは、だいたい日差しを通して生成されます

それでは、ビタミンDはどう生成されるのでしょうか。
日差しを浴びても紫外線による肌ダメージの恐れはないでしょうか。


◆ ビタミンDの欠乏
ビタミンDは、骨格形成に必要なカルシウムを供給し、免疫疾患とガンの発病率を下げます。
けれども、多くの人はシミやソバカスを防ぐために
日差しを浴びないように頑張っています。
それにより高い指数の日焼け止めの使用が多くなり、
もはや、ビタミンDの欠乏に至っています。

◆ ビタミンDと日焼け止め
紫外線は肌の老化や肌ダメージの回復能力の低下、皮膚ガンなどの原因にもなっています。
それで、365日、日焼け止めを5日しっかり塗ることはとても重要な必須ケアになりますが、
日焼け止めで紫外線を100%カットすることは出来ません。
日焼け止めをしっかり塗って屋外活動をすると、十分にビタミンDの生成が出来ます。

◆ 生活習慣
それでは、どれくらいの太陽の量が必要なのでしょうか。
ビタミンDを作るために必要な太陽の量は、
火傷をするくらいの約25%です。
つまり、1日20分ほど日差しを浴びた時、体に十分な量のビタミンDが作られるわけですが、
必要とするビタミンD の量は人によってそれぞれ違います。
(血液のビタミンDの含有量、住んでいる地域、健康状態などによって)
より正確な量を確認したいなら、血液検査を通して自分の体に必要なビタミンDの量をチェックすることができます。

◆ ビタミンサプリメント&食べ物
太陽から十分な量のビタミンDの生成ができなかった場合には違う方法で補充することができます。
ビタミンサプリメントは1日2,000IUを超えないように注意してください。
魚や卵の黄身、動物の肝や牛乳、豆のような食べ物もビタミンDの生成に役立ちます。

 

 

 

 

 

 

オススメ商品

レジスト・セルラー・日焼け止めSPF23

レジスト・スーパーライト・日焼け止めSPF30

スキン・バランシング・日焼け止めSPF30


Top of page

   

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

会員約款

お問い合わせメール

提携お問い合わせ

広告お問い合わせ

利用案内

   
 

ポーラチョイスジャパン      お問い合わせ  03-4520-9938 or +82-70-4699-6037
ポーラチョイスのコンテンツの著作権はポーラチョイスに有り、無断使用を厳格に禁止します。

?す
上に
下に
(0)